耐水くん

  • TOP
  • 耐水くん
耐水くん

■ 特許商品です。
■ 汚れと防水性に極めて優れた機能を備えています。
■ 転倒衝撃を緩和し、スニーカーで上がっても大丈夫。

実際の使用動画

1.医療入院室の現場において

1.医療入院室の現場において

「耐水くん」の持つ機能が介護対象者の安全性確保、作業従事者の作業効率の確保を高めています。

  • 安心:万が一の転倒時の衝撃を緩和!
  • 安全:滑りにくい素材で安定した動作を補助!
  • 耐水:水に強いだけでなく、次亜塩素酸の利用による衛生管理が可能!丸洗いできて衛生的!
  • 便利:「畳」で過ごせる日常生活を支援!
1.医療入院室の現場において
1.医療入院室の現場において

*倉敷市内の病院の入院病棟での利用実例です。
病院側のお話では、病例や症例によって利用するのではなく、転倒による事故で症状の悪化や重篤な状況を回避する目的で利用されています。

1.医療入院室の現場において
岡山の老人ホームの一室です。室内にトイレを完備してあります。
よく見かけるベッド生活の個室です。
1.医療入院室の現場において
入居者の要望をいただき、介護用具畳の空間にしました。
廊下からの入り口の畳1枚だけは「ハートフルスロープ」タイプになっています。

実際の使用動画

2.介護、福祉施設の現場において

2.介護、福祉施設の現場において

認知症の方の周辺症状に対処するため、介護用具畳として利用されています。
また、対象者の安全確保と作業者の介護効率確保に役立っています。

*転倒、転落に安心。

転倒による衝撃はフローリングの役半分でクッション性もあるため、介護される当事者はもちろんのことお世話する側にも安全で疲れにくいメリットがあります。

*水洗い可能!

水洗い・洗剤の利用が可能で衛生管理がしやすくなっています。

2.介護、福祉施設の現場において
2.介護、福祉施設の現場において

倉敷市内の病院での利用風景です。ここではナチュラルグリーン色の畳を希望されました。

2.介護、福祉施設の現場において
2.介護、福祉施設の現場において

2015年11月中央福祉会「会陽の里」で日常の畳から介護用畳へ変更しました。

2.介護、福祉施設の現場において

2014年12月 吉備中央町障害者支援施設に納品されました。
安全確保と耐水性能による汚れや雑菌除去の効果が期待されています。

転落・転倒リスクの予防に介護や医療の現場で見直される「福祉畳」

~福祉施設などで~

新たな取り組みとして、ご老人の認知症の緩和やストレスの解消の手段として利用され、優れた効果を発揮しています。

3.介護職員の感想

  • ベッドからの転倒防止のためセンサーが必要だったのですが、「耐水くん」のおかけでセンサーがなくても安心して生活できるようになりました
  • 制約なく運動ができるため、日中の活動量が上がり、食事量が向上しました
  • 「耐水くん」の上では意欲的に行動されるようになりました。
  • 夜間目を覚ますことが少なくなり、ゆっくり休まれることが多くなりました
  • 懐かしいと感じられるためか、「耐水くん」の上では表情が穏やかになり、否定的な独り言が減りました

4.新築住宅改修

新築住宅改修
新築住宅改修
新築住宅改修
4.新築住宅改修

政令市岡山をはじめ、要介護住宅改修で介護保険が利用できる「和風床材畳」を提案しました。

*滑りにくい素材です。

従来のフローリングやCF(クッションフロア)に比べて滑りにくい素材になっています。

5.都市型児童保育園

都市型児童保育園
都市型児童保育園
都市型児童保育園
都市型児童保育園

岡山駅前のホテルグランビア別館に新たな「都市型保育園」として開園した保育園に「耐水くん」が利用されています。

「東レ」を使って従来の介護用畳、洗える畳と弊社の技術とを比較しました!

テスト「A」は、通常いままで施工されている「東レぺフ加工品」の畳表を利用したやり方です。
テスト「B」は、弊社の技術を加えた「東レぺフ加工品」の畳表を利用したやり方です。
*条件として同じ畳表を同じサイズに切り分け、同じ時間・同じ場所でテストを開始しました。

テスト「A」

テスト「A」
通常の「東レ」の畳表です。
広く一般に利用されている状態です。
テスト「A」
赤色の墨汁をたらし、10~15分間放置します。
テスト「A」
ティッシュなど吸水性の良いものでふき取ります。
テスト「A」
洗剤を使い歯ブラシの様なもので洗浄します。

テスト「B」

テスト「B」
東レの畳表に弊社の技術が加わったものです。
テスト「B」
赤色の墨汁をたらし、10~15分間放置します。
テスト「B」
ティッシュのような吸水性の良いものでふき取ります。
テスト「B」
洗剤を使って歯ブラシの様なもので洗浄します。

テストAとBの比較どころ

テストAとBの比較どころ
「テストA」は洗剤や歯ブラシを使って洗浄したところ、畳表の下の部分にかなりの水が浸透しました。
想像できることは、表面が綺麗になっても、畳床が水の浸透しない素材であっても、畳表と床材の間に「汚れ」や「匂い」が残る可能性があります。
テストAとBの比較どころ
「テストB」も同様に洗剤や歯ブラシを使って洗浄をしました。
畳表の下の部分に変化はなく、綺麗なままです。
個人的な感想は、洗浄の時間も テストAより時間が短くてすみ、早く綺麗になるようです。
今回の比較は台所用の中性洗剤でテストしてみました。

介護機器畳・福祉用具畳・日常の畳のことなら有限会社 ナカシマ建創にお任せ下さい!

TEL086-264-7575

【電話受付時間】9:00~17:30
【定休日】日曜日・祝日

メールでのお問い合わせはこちらから